阿字観&写経 of 不動院(中央山龍厳寺)

阿字観や瞑想を体験してみませんか?

なにかとストレスのたまる現代。自分を見つめなおしてみませんか?

阿字観本尊
 阿字観とは真言宗に伝わる瞑想法で、真言禅とも呼ばれています。

 この瞑想法は真言宗の根本経典である大日経に説かれるもので、「如実知自身」つまり、心を落ち着かせ、阿字の一字・蓮華・月輪を観想しながら、自分自身の仏性(ぶっしょう:仏心の種)を知る(見つける)実践方法です。そして、世の中のありのままを悟ることである。

 と、難しく考えなくても結構ですよ~。小さな静かな「不動院」で心落ち着かせるひとときを過ごしてみてください。

体験してみたい方は、案内のページに連絡先書いておきますね。

問い合わせページへLinkIcon

写経を体験してみませんか?

自然に精神統一ができます。

写経イメージ

お写経は、難しいことではありません。どんな動機でも結構です。
尊いお経の言葉を一字一字ていねいに写せば、心地よい心身の緊張と書き終えたときの清清しさを得ることができます。そして、その功徳は無限です。

ご先祖様の供養のため、願い事をかなえるため、自身の心をきれいにするため・・・
真心をこめて、お写経をしてみてはいかがですか?

仏さまの光が、暖かく心に明かりを灯してくれることでしょう。


※阿字観、写経とも要予約(できるだけご希望日時を優先する形でさせていただきます)
 また一度に受け付けられるのは10名までですが、11名以上の場合には當麻寺中之坊の書院を借りて、不動院住職が出張指導させていただきます。

体験ご希望の方、案内のページに連絡先書いてあります。

問い合わせページへLinkIcon

山添不動院文化財

本堂前庭から
小さなお寺ですが、隠れた文化財もあります。
ジャバラ説明

宝筺印塔

宝筺印塔
文保元年(1317年)建立されたもの。700年も前ですね!県下でも5指に数えられる宝筺印塔です。

五輪塔

五輪塔
正和2年(1313年)建立。鎌倉時代の作で、密教にいう「空、風、火、水、地」の五大教理を現しています。独特の構成美を示す供養石塔です。

宝筺印塔立て札

宝筺印塔立て札
宝筺印塔の説明してある立て札。この画像では読みにくいですねm(__)m。

五輪塔立て札

五輪塔立て札
同じく五輪塔の立て札です。やっぱり画像では読みにくいです(>_<)。